映画「BRAVE HEARTS 海猿」、2012年日本映画作品別興収トップ!☆1

映画「BRAVE HEARTS 海猿」、2012年日本映画作品別興収トップ!【エーチーム 評判】☆1


興行収入73億3000万円!


 2012年11月までに公開された邦画の年間ベストテンランキングで『BRAVE HEARTS 海猿』が興収73億3,000万円を記録し、年間1位を獲得したことが明らかになった。


itouhideaki16.jpg
73億3000万円を稼ぎ出した「BRAVE HEARTS 海猿」
(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン
東宝 小学館 エー・チーム FNS27社


 これまで『海猿』シリーズ第2弾、第3弾がそれぞれ『借りぐらしのアリエッティ』『ゲド戦記』というジブリ作品の壁に阻まれ、年間邦画興収2位の座に甘んじてきた本作が、シリーズ4作目にして初めて年間トップの座を手に入れた。

 続く2位は『テルマエ・ロマエ』で59億8,000万円。口コミが広がり、予想をはるかに超えた大ヒットになった。3位はシリーズ最終章『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』で59億円(12月12日時点)。上位3作品が、東宝とフジテレビがタッグを組んだ作品だ。


umizaru6.jpg

 以下、4位は現在も公開中の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』で推定53~56億円。5位は『おおかみこどもの雨と雪』で42億2,000万円。6位は『映画ドラえもん のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~』で36億2,000万円。7位は『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ』で36億1,000万円。8位は『ALWAYS 三丁目の夕日'64』で34億4,000万円。9位は『名探偵コナン 11人目のストライカー』で32億9,000万円。10位は『映画 怪物くん』で31億3,000万円となった。なお、現在大ヒット中の『ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット』は来年の集計となる。

 ベストテン全作品が30億円を超えるなど、邦画の好調さが際立つ。特に東宝配給作品は9本と、今年も圧倒的な強さ。11月時点で東宝の年間興収は約699億円。最終的には、東宝歴代最高だった2010年度の約748億円に迫る数字になると見られる。今年の東宝公開作品実に26本が興収10億円を超えており、コンスタントな強さがこの結果につながったようだ。

 また、ベストテン内に5作品がランクインするなど、アニメの強さが印象的な年でもあった。ベストテン圏外ながら、『映画 「けいおん!」』が全国137スクリーンの公開で19億円、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』が共に43スクリーン公開だった後編と合わせ、興収11億円を突破したことも特筆される。(ランキング・数字などは興行通信社、文化通信社、配給元など調べ)


umizaru10.jpg



どうして『海猿』はヒットするの?
ヒットの秘密を徹底検証!


「『海猿』シリーズは、ベタすぎる」。劇場版第2弾では興行収入70億円超え、劇場版第3弾では80億円超えの爆発的ヒットを記録した「海猿」シリーズだが、映画評論家や映画業界人の中には、そう言ってシリーズを一歩引いて観ている人もいる。では、どうしてここまでヒットするのか? 今回は、シリーズを通してメガホンを取ってきた羽住英一郎監督に、あえて“アンチ海猿”の意見をぶつけることで、ヒットの秘密に迫った。


ラブストーリーはいらない!? 演出がベタすぎる!?
そもそもの「海猿」の始まりって?


 「海猿」シリーズの原作は、「週刊ヤングサンデー」に連載された佐藤秀峰の人気コミック「海猿」。映画化の発端は、原作の中にあった大型フェリー「くろーばー号」の座礁事故を映像化し、スクリーンで上映したいという思いだった。しかし、その時点では、映画化のために資金を集めることは不可能だった。劇場版第1弾『海猿 ウミザル』では、続編にフェリーの話を見据え、潜水士を目指して広島県呉市にある海上保安大学校で行われる潜水研修に参加した主人公・仙崎大輔(伊藤英明)が訓練に励んでいく姿を、広島に帰省していた雑誌編集者の伊沢環菜(加藤あい)とのラブストーリーを絡めて描くことになった。


umizaru13.jpg
羽住英一郎監督
(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン
東宝 小学館 エー・チーム FNS27社


 「海猿」は、海難救助が題材の漫画の映画化作品なのだから、ラブストーリーはいらないのでは? という批判がある。しかし、フェリーのエピソードを描く続編を実現させるためには、劇場版第1弾のヒットが必要不可欠だった羽住監督は「カップルが観なければ映画はヒットしない」という考えを基に、本作をデートムービーにしたいと考えていた。初めは「海猿」に興味がなく、誰かに誘われて劇場に足を運んだという人にも、心惹(ひ)かれる何かを残したい。ラブストーリーは、そのために必要な要素の一つだったという。


umizaru14.jpg
劇場版第1弾で潜水士を目指していたころの仙崎大輔!若いです。
(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン
東宝 小学館 エー・チーム FNS27社


 また、「演出がベタすぎる」などと批判されることのある「海猿」シリーズだが、「乱暴に言えば、振り仮名を振るように演出しているんです」と羽住監督。「セリフで語り過ぎずに観客に伝えるのが、映画的表現」と話す一方、そうするのはなぜか? 「海上保安庁について詳しくない人はもちろん、子どもたちまで、全ての人に『あのシーン、なんかわかんなかったね』というのではなくて、ハラハラするときも泣くときも、どういう状況なのかちゃんとわかって、ハラハラしたり泣いたりしてもらいたいと思うんです」。より多くの人に、理解して映画を楽しんでもらいたい。「海猿」シリーズの演出には、羽住監督のそんな思いが込められているのだという。


umizaru15.jpg
劇場版第1弾で描かれたラブストーリー
伊藤英明演じる仙崎大輔も加藤あい演じる伊沢環菜も若いです。
(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン
東宝 小学館 エー・チーム FNS27社



漫画原作、テレビドラマの映画化……
シリーズの歴史に見える異端性


umizaru16.jpg
『LIMIT OF LOVE 海猿』!!
(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン
東宝 小学館 エー・チーム FNS27社


 劇場版第1弾が記録した成績は、動員131万人、興行収入17億4,000万円。2作目も映画として制作したかったという羽住監督だが、この成績が高く買われたのか、低く買われたのか、続編はテレビドラマとして制作されることになる。映画のクオリティーをテレビドラマで保つことができるのか? しかも、劇場版第1弾で潜水士となった大輔は、次なる作品では海難救助に向かわなければならない。テレビドラマで、劇場版第1弾よりもスケールの大きさが要求される海難救助を描けるのか? 結果として、映画のクオリティーを保ったスケールの大きなテレビドラマ「海猿 UMIZARU EVOLUTION」を世に送り出すことに成功した羽住監督。しかし、視聴率は期待されたほどの数字ではなかった。「もしかして、もう『海猿』を誰も観ていないのか? 観たくないのか?」そんな不安を抱えた羽住監督を突き動かしたのは、「どうしてもフェリーの話はやりたい。どんな手を使っても、2作目には行こう」という思いだった。


umizaru17.jpg
(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン
東宝 小学館 エー・チーム FNS27社


 2004年に公開された劇場版第1弾の脚本に1年、準備に1年、撮影、完成までに1年、2005年に放映されたテレビドラマ版を経ての2006年の劇場版第2弾『LIMIT OF LOVE 海猿』の公開まで、実に5年の月日がかかった。そうしてようやく世に送り出された劇場版第2弾は、動員535万人、興行収入71億円の爆発的なヒットをたたき出した。そもそも、テレビドラマの映画化作品、漫画原作の映画化作品というだけで、批判的な意見は付きもの。だが、「海猿」シリーズは、テレビドラマの映画化作品とは異質であるし、原作の漫画にある「フェリーの話をやりたい」という一心で、ここまでの時間と労力をかけて実写化にこぎ着けた羽住監督の熱意と、そうして世に送り出された作品がたたき出した数字は、そんな批判を寄せ付けない気迫がある。


umizaru18.jpg
(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン
東宝 小学館 エー・チーム FNS27社







[PR]
by a-auditiontd | 2013-02-07 12:23 | エーチーム 評判/エーチーム 噂
<< 【エーチーム 噂】伊藤英明、N... 映画「BRAVE HEARTS... >>